2011年02月09日

新作ケーブル"和響奏鳴"について・・・

この度、新作ケーブル、和響奏鳴 -Harmonia- (わきょうそうめい ハルモニア)の発表と受注の告知をさせて頂きます。

IMGP1305_.jpg
IMGP1310_jpg.jpg
IMGP1303_.jpg

↓製作例、イメージ
IMGP1296_.jpg

【和響奏鳴 -Harmonia- について・・・】

玲瓏シリーズケーブルでは味付けの少ないオールマイティな環境で使って頂ける質の高いケーブルを目指し、製作いたしました。
ケーブルに対する考え方の基本は玲瓏を開発した時と変わらないのですが、ちょっと面白いケーブル(音が破綻しない範囲で)もつくってみたいという欲求も湧いてきました。
そこで、今まで聴いたケーブルの中から"これは"と思うものを選び出し、さらに新たなブレンドを加えて完成したのが今回の新作ケーブルになります。

線材はアルゼンチンワイヤー(銅単線)3種類のブレンドになっています。(WBT 銀入りハンダ使用)
一言にアルゼンチワイヤーといっても音のイメージが浮かばず、オカルト的な感じも受けますが(自分もそうでした)実際聴いてみるとその実力は確かなものでした。

細身のワイヤーを同一ライン上で何本かブレンドしてケーブルを作りたいという構想は前からあったのですが、線材の組み合わせの多さになかなか取り組めずにいました。
(玲瓏ケーブルは信号ラインとGNDでのブレンド)
ただ、今回、軸となるアルゼンチンワイヤーを決めたことで音に方向性が生まれ、全体のバランスを見ながらブレンドで味付けし、"良い"と思える組み合わせに辿りつけました。
このブレンドの組み合わせ、調和がケーブル名の由来にもなっています。(ハルモニア・・・ギリシャ神話で調和の女神、名前はツイッターのフォロワーさんからいただきました深謝です)

音傾向を一言で表すと・・・鮮烈
鮮やかです。特に女性ボーカル、弦楽器の響きが独特で鮮度感とアタック感があります。
アコースティック音源との相性は抜群だと思います。(哀愁ただよう響きで、このケーブル一番のウリであり、狙いです)
全域にわたって曇りがなく、低域は正直 玲瓏竜麗 程の量感はありませんが、締まってグッと押し出すようなイメージです。
ただ、玲瓏シリーズと比べるとどうしてもピーキー気味なケーブルですので、普段からガンガン・ノリノリなシステム(DAPやアンプ、イヤホン、ヘッドホン)で聴かれている場合は逆にうるさく嫌味なケーブルになってしまう可能性があります。

エージング(20時間位)が進むとかなり荒さが取れて、うるさい刺さる成分がなめらかに聴けるようになって来ました。これによってかなりオールマイティーなシステムで嫌味無く聴いて頂けるケーブルになったかと思います!!
改めてアルゼンチンワイヤーに惚れ込みました。


新たなケーブルの試作は、大抵聴き比べでしんどくなってしまうのですが、今回のケーブルでは音がコロコロ変わるので比較的飽きずに楽しめたような気がします。
手前味噌ですが、音源がハマるとヤバいです・・・よろしくお願いします。


【和響奏鳴 -Harmonia- 価格表】(メール便送料込)

mini-mini ケーブル 6900円

ノーマルドックケーブル 8000円
(アクセサリ警告が出るものの、iPhone4にて音出し確認済み)

iMOD用コンデンサ付きケーブル 9200円
(コンデンサはMUSE FXを使用)

ドック横出し L字プラグ仕様(MOD用)ケーブル 9700円 (ロジウムメッキプラグ +400円)
(TTVJ Portable Millett Hybrid Ampでの使用を基準に製作致します。ケーブル長変更についてはご相談下さい)


WMポート用ケーブル 8200円


【注意事項】

DM先着順(振込み確認済みの方)にて製作・発送させて頂きます。
従いまして納期は約1週間から、最大で3週間前後とさせて頂きます。
規定本数になり次第、一旦締め切らせて頂きます。
ケーブル長はコネクターの端から端までで14cm前後になります。(ドック横出しケーブル除く)
申し訳ありませんが、基本的に個々のケーブル長変更はお受けできません。ご了承下さい。
上記価格は送料込み(メール便)になります。
お支払いは銀行振り込みでお願い致します。

ご希望の方は、"お名前"・希望されるケーブルの種類と本数、を明記の上、ツイッターアカウント hakuhatukenまでDM宜しくお願い致します。
後ほど、お取引内容の詳細のご連絡をさせていただきます。(ご注文はDMの先着順とさせて頂きます)

posted by 白髪犬 at 21:58| Comment(0) | ドックケーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

久々の更新〜

こちらのブログでは、ほぼ半年振りの更新になります。
ご無沙汰しています〜

昨年暮れからケーブルの試作を重ねていたのですが、ようやく目処がつき、この度新作ケーブルの発表をさせていただきます。近々受注を開始させて頂きたいと思います。
IMGP1270_.jpg
線材の構成は、アルゼンチンワイヤー(銅単線)の3種ブレンド。
新作のケーブルは、玲瓏とは又違った路線で理想を追求したモノになっています。
コンセプトとしては、クリアな抜けの良さを持ちつつも、太く濃い哀愁漂う響きを持ったケーブルを目指しました。

ラインアップは、今までの、MOD用・ノーマルドック・mini-miniの他に、L字プラグを使ったLow Riderタイプ・WMポート用ケーブルの製作も予定しています。

宜しくお願い致します。
posted by 白髪犬 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ドックケーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

〜ケーブル販売について〜

【玲瓏ケーブルコンセプト】

私(白髪犬)が玲瓏に至るまで、製作に際して一貫してきた考え方。
それは・・・(ドック)ケーブルは音の味付けでありながら、
素材(音)根本を変えるようなモノではいけないのではないかと言うことです。
料理で例えるならば、上質の塩・ダシ・ブイヨンであるべきだと。
素材(音)を生かし、DAP、アンプ、IEM、ヘッドホンの良さを生かすのが
ケーブルの役目であり、その上で“ケーブルの個性”が発揮されるのが
ベストな状態ではないかと思っています。

これらの思いの中で、出会った線材がSC-4純銀単線であり、
SC-4と他のケーブルを組み合わせてできたケーブルが玲瓏になります。
高額なケーブルと比較して頂くほど、玲瓏シリーズケーブル
特徴と真価を理解していただけるかと思います。


【新作ケーブル“玲瓏竜麗”】

この度、久々に新しい線材で良い感触のものがあり、何とか形に出来ないかと
試行錯誤を繰り返した結果、やっと納得できるケーブルに仕上がりました。

今回の新作ケーブルは、玲瓏竜麗(れいろうりゅうれい)
名づけさせていただきました。
ロゴ01.jpg
線材はBlackDragonとSC-4のミックスとなっております。
豊かで締まりのある低域にSC-4の銀線がクリア感をプラスし
銅臭くない垢抜けた銅サウンドに仕上がったと思っています。

見本画像・MOD用ドックケーブル(コンデンサは接着固定しています)
竜麗01.jpg
ただ、ノーマルの玲瓏に対して完全上位と言うわけではなく、
ノーマル玲瓏は中高域のきらびやかさと芯があります。
この辺は、まさしく好みといった所だと思います。

【玲瓏竜麗、価格表】(メール便送料込み)


ノーマルドックケーブル 7500円
アクセサリ警告が出るものの、iPhone4にて音出し確認済み。

MOD用ドックケーブル   8700円

mini-miniケーブル    6300円

SONY WM-PORT用    8000円


【注意事項】

DM先着順(振込み確認済みの方)にて製作・発送させて頂きます。
従いまして納期は約1週間から、最大で3週間前後とさせて頂きます。
規定本数になり次第、一旦締め切らせて頂きます。
ケーブル長はコネクターの端から端までで14cm前後になります。
申し訳ありませんが、基本的に個々のケーブル長変更はお受けできません。ご了承下さい。
上記価格は送料込み(メール便)になります。
お支払いは銀行振り込みでお願い致します。

ご希望の方は、お名前、希望されるケーブルの種類と本数、を明記の上、ツイッターアカウント hakuhatukenまでDM宜しくお願い致します。
後ほど、お取引内容の詳細のご連絡をさせていただきます。(ご注文はDMの先着順とさせて頂きます)
posted by 白髪犬 at 22:58| Comment(0) | ドックケーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。